大阪と東京の移動は安全性と快適さを求めた高速バスで

観光に始まり、アミューズメントパークでの娯楽やたこ焼き等の食べ歩きも楽しい大阪、そして、スカイツリーからショッピングまで全てが魅力溢れる東京、その500km以上離れる両間を結ぶ交通手段は色々ありますが、最も安い方法は高速バスです。
ポピュラーな移動方法なので、最近は安いだけではなく様々なプランが打ち出されたり、区間によってこだわりのシートが装備されたりと、長距離の旅も快適になりました。

路線バスとして運行されている夜行便のブルーライナーでは、2名の運転手で運行し安全性を高めています。
シートは4列タイプですが女性同士を隣にする等、誰でも利用しやすいよう配慮がされています。

東京では新宿南側バス駐車場発着で、新宿駅から徒歩4分と近く、屋根付きの待合所なので雨の日でも安心です。

WILLER EXPRESSでは、両間の最安値が2,160円と他のバス会社と比較して激安の料金で乗れることがあり、シートの種類はどこよりも豊富にあります。

一番手頃な価格のバスでもトイレ付車両で、幅のあるシートは120度リクライニングします。

少し高価な車両では、シェル型のパーテーションでシートを独立させ、隣や前後の席の存在を感じさせない物や、2階建てバスの1階に3席しかないエグゼクティブシート、温熱ヒーター内蔵のフットレスト等、一度は乗ってみたくなるバスばかりです。

高速バスが魅力的だと、大阪と東京の長い距離の行き来も楽しくなることは間違いありません。
移動時間は8時間から9時間かかるので、快適さと安全性を重視して高速バスを選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ