秋田と東京を結ぶ高速バスは夜行バスで複数の運行会社が参入しています。

秋田では、夏に東北三大祭りのひとつである竿燈まつりが行われ、近年注目されている全国の花火師のプライドをかけた競技会である大曲全国花火競技大会等が行われます。
グルメとしては、大根等を囲炉裏につるして燻製にしたあと米ぬかなどで漬け込んだいぶりがっこや、潰したご飯を竹輪のように杉の棒に指して焼いて鍋にしたり、そのまま味噌を付けて焼いて食べるきりたんぽが大変有名です。

このように、伝統行事と米どころとして名高い秋田と高速バスで結ばれている都市のひとつが、日本の首都として常に変化を続ける東京で、スカイツリーの開業や渋谷ヒカリエ、丸の内のKITTE等の商業施設が次々とオープンしています。

伝統芸能の分野でも、銀座の歌舞伎座は改築が終わり、ビル化してこけら落としが行われました。

テーマパークとして人気なのは、子供の職業体験の出来る江東区のキッザニア東京や、ハローキティ等のサンリオキャラクターが好きな子供や大人も楽しめる、郊外の多摩市にあるサンリオピューロランドです。

お互いに観光名所のある秋田と東京を直接結ぶ高速バスは夜行バスしかなく、所要時間は約9時間40分前後で複数のバス会社から運行されています。

料金は各社で幅があり、2013年11月現在片道4,500円から曜日や予約条件によって9,500円程となっています。

バスの設備もトイレ付はもちろん、通常の4列シートから、3列で独立したシートのものがあったり、携帯電話の電池切れにも安心なコンセント付きなどもあります。

多彩な高速バスを上手く利用して、観光やビジネスに活かしてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ