名古屋と大阪を結ぶバスに乗りそれぞれの街を満喫する

名古屋と大阪を行き来するなら、乗り換えの必要がないバスを利用すると非常に便利です。
愛知県の名古屋市は日本の真ん中部分に位置する産業都市であり、江戸時代より受け継がれているもの作りの技術や精神は、航空宇宙産業や輸送機器など、未来を切り開く都市として発展を続けています。

また、この市にある熱田神宮には、日本の神話に登場する日本武尊が持っていたと言われる草薙御劔が納められていますし、戦国時代に活躍した武将の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康とも深い関わりを持った土地でもあります。

一方の大阪はと言うと、食の都と呼ばれるだけあって街中至る所で色々なグルメが味わえます。

有名なたこ焼きやお好み焼き、串カツの他にも、イタリアンにフレンチ、中華と言った海外の料理が堪能出来る店も数多くあり、様々な食文化が入り交じった土地です。

そして、この2つの地域を結ぶ高速バスは、いくつかの会社から打ち出されています。

名古屋駅~大阪駅の区間でしたら、昼行便は2時間30分から3時間程で行くことが出来、乗車する時間やシートのタイプなどによっても料金は変わりますが、何より乗っているだけで目的地へ行けるため便利です。

朝1番早い時間に乗り、帰りは最終のバスに乗車すれば、日帰りでもそれぞれのどちらかの街を1日中巡ることも出来ますし、外の風景を楽しみながら乗っていけば、ちょっとしたドライブ感覚も味わえます。

このように、2区間を行き来する高速バスに乗って、歴史の深い名古屋で歴史巡りをしたり大阪で食い倒れるまでお腹いっぱい美味しい物を食べたりと、バスを有効活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ