名古屋行きの高速バスは様々な地域と結ばれています

愛知県西部に位置する名古屋市は全国3位の人口を有し、中部地方の経済や政治などの中枢を担う都市でもあります。
この地域の名物料理には、うなぎの蒲焼きを刻みご飯と混ぜ合わせたひつまぶしや、幅が広くて薄いことが特徴のきしめん、手羽先のから揚げなど、食欲がそそられる美味しいフードが豊富です。

また、観光スポットも多く見られ、名古屋城に熱田神宮、竹島・八百富神社など、古い歴史が感じられる名所もたくさんあります。

こういった魅力溢れる地を訪れるなら、交通手段の1つとして高速バスの利用が便利です。
なぜなら、高速バスなら乗っているだけで目的地へ行けますし、運転による疲労感知らずなうえ、新幹線と比べても料金が格安でもあります。

名古屋行きのバスは様々な地点と結ばれ、北は東北の仙台から南は九州の長崎や熊本まで、全国各地色々な場所と繋がっています。
例えば、JR東海バスが打ち出す東京からのバスは、昼間なら15本以上ものバスが運行されていて、利用客の多さが窺えます。

東京からの乗車料金は通常5,100円なのですが、早割21、早割3といったそれぞれの数字の前までに購入をする、つまり21日前、3日前までにチケットを買えば通常料金より安く買うことも出来お得です。

また、岡山から走行する両備高速バスは、昼、夜と1便ずつバスが走っています。
このバス会社はポイントカードを導入しており、6回乗車すれば1回無料になる為、何度も利用する人には嬉しいサービスでしょう。

全国様々な地域から来る高速バスを利用して、名古屋を目一杯楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ