京王高速バスは充実した車内設備を持ったバスです

京王高速バスは、新宿と多摩地区の2ヶ所から全国各地へ発着しています。
新宿発着の運航路線には、話題の東京スカイツリータウンに停車もする土気線、長野を結ぶ長野線、静岡県の行き来に便利な清水・静岡線、宮城方面へ行ったり来たり出来る仙台・石巻線など様々です。
そして、多摩地区から発着するバスでは、富士急ハイランドや山中湖を通る河口湖線、愛知県とこの地区を繋ぐ名古屋線の2種類があります。

走行している区間により出るバスの本数はバラバラですが、利用者が多いとされる富士五湖線や松本線などは30分、1時間ごとに高速バスが走っているので乗り遅れても何時間も待つ必要がありません。

また、バスの車内設備は、長時間乗車する高速バスで快適に過ごしてほしいと願うバス会社の思いから、一部区間の松本線・名古屋線・静岡線の車内にはパウダールームが完備され、着替えや化粧も出来る広々とした空間が設けられています。

座席にもこだわりを持っており、全区間の京王高速バスにはエアコンや読書灯が付いているのはもちろん、頭をもたれかけられるよう左右に角度の付いたヘッドレストや、標準シートより25mm幅の広いシートといった、利用者には嬉しい配慮がされています。

このバスを予約する方法は、インターネットからと電話での予約の2通りがあり、ネットならクレジット決済・コンビニ支払いなど自分に合った支払い方法を選択できるのでお勧めです。

このような車内設備の充実した京王高速を利用し、全国各地へ出掛けてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ