名古屋、大阪間の移動は高速バスが安価

西日本最大の都市の大阪は、若者に人気のアメリカ村や飲食店が集中する道頓堀、最先端のトレンドを発信するキタなどがあり活気に溢れ、大阪城や四天王寺、上方歌舞伎などの歴史的文化も豊富な街です。
日本三大都市圏の名古屋も、名古屋城や大須観音、熱田神宮など歴史的な名所が点在しており、世界のメダカを集めた世界のメダカ館や、小動物と触れ合えるこども動物園が人気の東山動植物園があります。

他にも、名古屋市科学館は世界最大規模のプラネタリウムをはじめ、大人も子供も存分に楽しめる展示が充実しており、県内外から人が多く集まる土地です。

また、日本を代表する企業が置かれているため経済力があり、首都圏と関西の真ん中に位置しています。
その為、ビジネスや観光などで大阪~名古屋間の移動の需要は多く交通手段も発達しており、複数の路線が存在します。

最も早く目的地に到着出来る新幹線の運賃は5,670円と高めですが、50分程度で移動が可能で多方面への接続も充実しているので、時間の制約が大きい人に向いています。

在来線は新快速の利用の場合3時間前後で到着し、運賃も3,260円と安いですが、米原駅での乗り換えが必要なので不便を感じる人もいるでしょう。
近鉄特急は2時間半から3時間で到着しますが、料金は4,380円と少々割高です。

他に、高速バスを使用する方法もあり、所要時間は約3時間半と若干長いですが、運賃は往復の費用で4,600円、片道のみの料金でも2,900円と新幹線の半分ほどの金額でコストパフォーマンスも良く、乗り換えの心配もいらないので初めての人でも安心して乗車出来ます。

このように交通手段は様々あるので、その時の状況や都合に合わせて上手に使うと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ