福島から東京のアクセスは高速バスがお勧めです。

日本の首都である東京は道路が非常に発達し、道が複雑して交通量も非常に多く、慣れない人が運転するのは非常に困難です。
更に駐車スペースが狭く限られているので、地方から自動車で出掛けるのはあまりお勧め出来ません。
ところで、福島県は大きく3つの地方に分かれており、太平洋と阿武隈高地に挟まれた浜通り、阿武隈高地と奥羽山脈に挟まれた中通り、奥羽山脈と越後山脈に挟まれる会津があります。

東北地方の一番南側に位置する福島県は、国鉄時代県内に東京支社・水戸支社と東北の中心と言われる仙台支社の境目になっていた為、地域ごとに分割したJRバスにおいても、日本で唯一2社が拠点を置いている県です。

ですから、県内にある高速バス会社はJRバス関東、JRバス東北、桜交通、磐梯東都バス、金子建設、新常磐交通、会津乗合自動車、福島交通と多数の企業が参入しており、都内までの便も数多く出ているので利便性が高いと言えます。

浜通りの高速バスは、いわき駅から東京駅が終着の便が出ています。

中通りが最も便が充実し、福島市と郡山市を拠点に複数のバス会社が運営していて、終着駅も新宿駅と東京駅で展開され、新宿駅行きは王子と池袋にも停車するので非常に便利です。

会津地方は中通りと同じ停車駅を設けているので、やはり使い勝手が良いでしょう。
バス会社によって料金やトイレ付きかどうかなどの設備が変わってくるので、よく調べてから予約を取った方が賢明です。

このように、高速バスは福島県内各地から数多く本数も出ており、都内での運転や駐車の心配もないため、非常に利用価値があると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ