高速バスで函館へ行きませんか

函館は西洋の影響を受けた建物や街並みが数多く残っており、観光スポットも数多く存在します。
特に函館山から望む夜景はとても美しく、日本三大夜景の1つとして大変有名です。
その函館への交通手段として、高速バスを利用する方法があり、札幌との間を往復するのは特急ニュースター号と高速はこだて号の2種類で、どちらも完全予約制となっています。

特急ニュースター号は北海道バスが運行しており、運賃は片道4,400円、往復7,800円で、もう1つの高速はこだて号は、北海道中央バス・道南バス・北都交通とで共同運行していて、運賃は、片道4,680円、往復8,340円です。

それぞれ乗車できるバス停と降車できるバス停が異なりますので、ご自身の都合に合わせて利用すると良いでしょう。

また、東京からのアクセスには、高速バスと津軽海峡フェリーがセットになった割引きっぷがお勧めです。

東京駅前から発車する津軽号と、上野駅前から発車するパンダ号の2種類があり、どちらも青森港からはフェリーに乗り換えてクルーズを楽しむ事が出来ます。

豪華な車両の津軽号は、広々シートでゆったり座る事が出来、更に空気清浄器やLED読書灯などを装備して、料金は片道8,800円、往復17,600円です。

一方、スタンダードなパンダ号は、片道6,500円、往復13,000円とお得な料金が魅力で、こちらも全て予約が必要になりますが、函館へ行く際には、是非これらの高速バスを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ