松山~大阪間は高速バスが便利

松山は、夏目漱石や正岡子規といった有名な文学者が産まれた土地でゆかりがあり、その史跡も数多くある観光スポットです。
また、司馬遼太郎の「坂の上の雲」の主人公である秋山好古、真之兄弟の生誕地でもあります。
まさに明治時代を駆け抜けた偉人を多く生み出した土地で、3,000年以上の歴史を誇る道後温泉は日本三古湯の一つで、様々な文献にも登場するほどの名湯です。

夏目漱石が英語教師として赴任し、その時の様子を元に書かれた小説が「坊っちゃん」ですが、名物の「坊っちゃん団子」は、主人公が温泉帰りに食べた団子がモデルとなっており、現在でもお土産として有名になっています。

松山がある愛媛県は、新鮮な柑橘類や瀬戸内海の豊富な海の恵みを活かした鯛めしやあなごめし、たこめしなどがあり、舌鼓を打つこと間違いありません。

松山に行くには飛行機や電車を利用するほか、格安で訪れられる高速バスの利用をお勧めします。

関西の中心大阪から、JRグループと伊予鉄道・阪急高速バスの2種類のバスが運行されており、どちらも5時間程度の所要時間で毎日10便前後運行され、その内一便は夜行バスとなっており寝ている間に到着出来ます。

夜行バスを利用してゆっくり滞在することも可能ですし、車中泊を利用して短い休みの期間でも有効活用して遊べます。
料金は、大阪~松山間が6,400円~6,700円で、往復割引も用意されています。

また、愛媛から大阪へ買い物や旅行、ビジネスに行く際も格安で豊富な便数が出ているので、自分の時間に合った移動プランを立てることが出来る高速バスの利用をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ