茨城から出ている高速バスについて

関東地方の北東に位置する茨城県は、47都道府県の魅力度ランキングで常に最下位にいる事を逆手に取り「なめんなよ いばらき県」というスローガンで観光PRの活動を行っています。
するとこのキャッチコピーが脚光を浴び、今最も興味深い観光地として注目を集めています。

都心からも近く観光スポットが存在するこの地は、大洗の水族館やひたちなかの海浜公園といった海辺に広がるレジャースポットの他、水戸や笠間など古くから栄えた城下町や門前町のエリア、宇宙開発や最先端の技術が集う筑波、東日本有数の工業港鹿島など、県内各地に特色があり魅力的です。

交通も発達しており、公共の交通機関は空港や鉄道、高速バスが利用出来ますが、中でも高速バスは首都と県内を結ぶ便が豊富で、最も使い勝手が良くお勧めです。

水戸駅から東京駅までの便は2時間ちょっとの移動時間で、発着便も早朝から深夜まで出ており便利になっています。

常陸太田から新宿まで、勝田から東京駅までの所要時間は約3時間で、大洗から東京駅までは約2時間で到着するので手軽に使えます。

他にも、土浦・筑波と東京テレポート駅を結ぶ便や同じく鹿島からの発着便、益子・笠間から秋葉原行きの便もあります。

県内各地と都心を結ぶ高速バスを利用すれば、日帰り旅行で海辺のレジャーの他、先端技術の社会見学や工業地帯への工場見学も可能なので、ファミリーでの行楽に重宝するでしょう。

更には、益子や笠間での陶芸体験や偕楽園を散策する癒しの旅も容易に実現します。
もちろん首都圏だけでなく、仙台や栃木、京都・大阪への運行も行なっていますので、高速バスを利用して充実した時間を過ごしてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ