長野から大阪など関西地方へは高速バスでスムーズに移動

長野県は南北約220kmの長い地形で4つの地方に分かれ、長野、上田、松本、飯田などの中核都市がある県です。
首都圏からは新幹線や特急スーパーあずさなどの電車や、中央道、長野道、上信越道、そして高速バスも本数が多く、非常にアクセスが便利なので、ビジネスや旅行、買い物などで多くの人が利用しています。
一方で、大阪など関西圏へのアクセスは、一度名古屋に出てから移動する必要がある為に少々不便です。

また、移動時間がかかる為、ビジネスに多くの時間を割くことや買い物などをゆっくり楽しむことも難しくなってきます。
そこで、便利で安価なのが高速バスです。

便の本数は少ないですが、昼間便と夜行便が運行されているのが特徴で、夜行便を利用することで無駄なく滞在先での時間を確保することができます。

大阪駅だけではなく京都にも停車するので、大阪-京都間に用事がある場合でも便利です。
長野行は、上田、小諸、軽井沢、飯田、伊奈、松本などの主要都市と結ばれており、出発地や目的地に応じたバスに乗ることができます。

ただし、バスを利用する際の注意点としては、目的地ごとにバスの運行会社やダイヤ、料金が違うことです。

途中の飯田や松本に停車するだろうと思って乗車していると、長野市周辺まで停留所がないなどの場合があります。

このように間違わない為にも、インターネットのサイトなどで目的地をしっかりと調べてからバスの予約をするなどの対応が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ