新潟、長岡から東京へ行くなら便利な高速バス

ビジネスの中心都市でレジャー施設も豊富な東京へ地方から新幹線を使って行くのは早いですが、料金が高い傾向にありますので、安く済ませたい時には高速バスを利用してみてはいかがでしょうか。
その名の通り、高速道路を走行するバスの事で、新潟、長岡方面へもいくつかの会社から運行しています。

一つは、夜行バスのキラキラ号454便で、新潟市を22時15分に出発し、燕三条、長岡を経由して、早朝4時55分に新宿へ到着し、料金は片道3,000円から5,800円と格安です。

もう一つは、新潟交通、越後交通、西武バスの共同運行バスで、こちらは昼行便と夜行便の2本があり、昼は佐渡汽船ターミナルを13時17分に出発し、新潟駅、長岡駅東口を経由して大宮駅、池袋駅に停車し、新宿駅に20時20分到着します。

夜行便は22時17分に佐渡汽船ターミナル発、早朝5時40分に新宿着です。
運賃は、新潟発新宿では3,000円から6,000円、長岡発新宿では3,000円から5,100円となっています。

いずれのバスも3列シートでトイレも完備されていますし、夜行便は早朝に到着するので、朝食を現地で取り1日の時間を有効に使う事が出来ます。
新宿駅には早朝から開いている施設が多くあるため、時間を潰すのにも最適でしょう。

なお、新宿駅構内は多数の路線が行き交い内部構造がとても複雑なので、迷わないよう事前に地図で調べておく事をお勧めします。
是非、便利で安い高速バスを活用してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ