名古屋と横浜間を結ぶ昼夜の高速バス

名古屋と横浜間を走行する高速バスは利用者が多く、特に夜間に走る夜行バスの数が多くあるため、行く先々での用途や目的に合ったバス選びが出来ます。
例えば、WILLER EXPRESSから出ているバスでは、横浜シティ・エア・ターミナルと名古屋駅間を結んでいます。
名古屋方面へは12時出発の昼行の便が1本、夜行は24時丁度と24時10分発の2本のバスがこの区間を走っており、夜行の方は掛かる時間が昼よりも長くなります。

シートの種類が豊富に取り揃えられており、ソファーのような快適な座り心地の独立席で、コンセントやイオン発生機といったサービスのある女性専用エリアのボーテなど、様々なシートが設けられています。

また、VIPライナーのブランド名で高速路線バスを運行する、株式会社平成エンタープライズからは夜行バスが出ています。
23時40分に出発し、その後6時10分頃に名古屋VIPラウンジへと到着します。

バスには、女性に嬉しいパウダールームや無料のドリンクバーなども完備されており、車内でも快適に過ごせます。
2区間をそれぞれ行き来している青木バス株式会社は、夜間のバスが1本ずつ走っています。

横浜シティ・エア・ターミナルからは24時、名古屋からですと23時55分が出発時間です。
席の形が1人1人独立した3列シートで、隣の人とは少し間がありますから、ゆったりと座っていられます。

サービスとしては、おしぼり・使い捨てスリッパ・ブランケットが付き、女性1人の乗車では必ず隣が女性になるよう配席されています。

昼間の他に夜間も多く運行する、2区間内の高速バスを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ