便数が多い名古屋―静岡間の高速バス

名古屋から静岡へ行く時、高速バスなら朝から夕方まで頻繁に便が出ているので、出発時間の制限が少なく、自分の日程に合わせて予定が組めます。
一番早い便は名古屋駅新幹線口より6時30分発で、11時1分に東名足柄に到着します。
これ以降は、7時・8時・9時・10時30分・12時・13時・14時30分・16時・17時・18時30分と10便が続き、殆ど全てが同じ乗降口となっていますが、16時発と最終便のみ降車場が静岡駅北口となります。

料金は、東名足柄行きの便は最大3,920円、静岡駅北口行きは最大2,850円で、電車と比べても割安なのではないでしょうか。

静岡から名古屋へ行く場合も同数の便が出ており、7時の始発から8時26分・8時30分・9時26分・11時26分・12時26分・13時26分・14時26分・15時56分・17時26分・最終便の18時26分というタイムスケジュールとなっています。

乗車場所は始発と8時30分発が静岡駅北口である以外は全て東名足柄で、降車場所は全ての便が名古屋駅新幹線口となります。

バスでの移動は窮屈で疲れるというイメージを持つ方もいますが、特に長距離を走る高速バスにおいては、いかに利用者に快適に車内での時間を過ごして貰うかという工夫が凝らされています。

狭さを感じさせないよう座席毎の空間を広めに取ったり、フットレストを付けて足が伸ばせるようになっていたり、機能性の高いリクライニングシートを採用したりしているので、ゆったりとした姿勢で走行中の時間を過ごせますので、割安に快適に移動できる高速バスを利用してみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ