博多~鹿児島の高速バス「桜島号」と「南九号」について

博多と鹿児島を往復する高速バスには、「桜島号」と「南九号」があります。
まず、JR九州バス、南国交通、鹿児島交通観光バスなどが運行する「桜島号」は1日24往復も運行しており、そのうちの1往復が夜行便です。
片道の所要時間は4時間程度ですが夜行便のみ6時間30分となっており、これは、時間調整の為パーキングエリアで長時間停車するからで、夜行便は夜の23時台に出発し、朝の6時前後に到着するようになっています。

この「桜島号」の運賃は、大人片道5,450円、往復乗車券8,230円という設定ですが、WEB早割を利用すれば大変お得になります。

通常のWEB割では、片道運賃から110円引きとあまりお得感が感じられませんが、昼行便のみで行っているサービス「WEB早割5」で乗車日の5日前までに予約と決済を行うと2,720円引きの価格が適用され、2,730円という驚きの激安運賃になるのです。

前もって予定が決まっており、夜行便でなくて良いという人には、この「WEB早割5」を利用するのが断然お勧めだと言えるでしょう。
そして、運賃の安さなら、南九州高速バスが運行する「南九号」も負けてはいません。

「南九号」の運賃は、片道3,600円、往復6,800円と、普通運賃でも低価格なのが魅力です。
更に、平日特割というサービスがあり、土日祝日および繁忙期以外には、片道2,900円で利用する事ができます。

その他、片道2,500円で利用できる年会員制度もあり、頻繁に高速バスを利用する人にはこちらがお勧めです。

博多~鹿児島間の交通手段の1つとして、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ