横浜~神戸間を運行する阪急高速バスについて

横浜と神戸の間を運行する高速バスの一つに、阪急高速バスがあります。
このバスは、阪急バスと京成バスの共同運行ですが、運行しているのは現在夜行便のみなので、上下線共に1日1便のみの運行となります。
夜21時台に発車して翌日の朝8時台に到着というスケジュールで、始発地から終点地までの所要時間は11時間程度です。

このバスの便名は「神戸・大阪⇔横浜・東京・TDR・千葉」と名付けられており、神戸と横浜以外にも乗車・降車が可能な停留所が複数あります。

そして、肝心の運賃ですが、「A.金曜土曜」「B.日曜」「C.月曜日から木曜日までの平日」「S.GWなどの繁忙期」といった4種類の運賃設定になっています。

その為、同じ大人運賃でも日によって7,700円~8,900円と幅があり、「C」の平日が1番安く、「S」の繁忙期が1番高くなります。

また、「C」の平日運賃に限り「早売り3」という早期購入割引サービスを行っていて、3日前までに乗車券を購入すれば、7,700円の運賃が6,400円の割引価格になります。

ちなみに、小児運賃は平日・祝日に関わらず一律4,250円となっており、「C」区分の時のみ「早売り3」が適用されて3,200円と割引されます。
この「早売り3」は、旅行代理店で購入の場合には適用になりませんが、運行バス会社以外にもクレジットカード決済やコンビニでも購入が可能です。

仕事や旅行、レジャーなどで高速バスを利用する際には、是非利用してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ