東京から仙台への移動手段の一つに高速バスがあります

東京から仙台までの交通手段は新幹線が最も早く移動できるかもしれませんが、高速バスを使えば価格を抑える事ができますし、ゆっくりバスでの移動は旅情に浸れるので、特に急ぎでないのであればこちらの利用をお勧めします。
最安値2,700円からの料金で利用可能な昼行便があるのは桜交通で、9:55に新宿駅南口西新宿第2佐山ビル2Fから出発となります。

バスの仕様は横4列・縦11~12列のスタンダードタイプで、よりリーズナブルな料金で移動が行える点が魅力です。
膝掛けは無料貸出で、女性一人での利用の際には隣席も女性にしてもらえるため安心できます。

到着時間は15:45で、仙台駅東口さくらバスターミナルでの降車となります。

桜交通の夜行便には、犬と猫のキャラクターが描かれた赤いバスで知られるキラキラ号305便があり、22:20に横浜桜木町から出発し、23:25に新宿を経由して翌朝5:00に仙台着というスケジュールです。

乗車運賃は2,800円から設定されており、乗務員2名での運行で安心度が高く、座席は前席とのピッチの広がりがある縦10列ですからゆっくりと寛げます。

また、富士セービングバスが運行するバスは、外観に描かれたオリジナルキャラクターパンダのさんさく君が愛嬌を振りまいています。

夜行便最安値は3,500円で、24:15に八重洲口鍛冶橋駐車場からの出発で、2+1の横3列、縦9列の27人乗りバスで驚きの余裕スペースを確保でき、好みでフラットシートにもできて走行中も疲れにくいでしょう。

格安で快適に移動可能な高速バスは、のんびり旅の好きな方には特にお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ