食の都大阪と中華街のある横浜を結ぶ夜行バス

夜行バスは夕方から夜間に出発し、翌日の朝から午前中にかけて目的の場所に着く走行バスで、利用者が寝ている間に走ってくれる便利な乗り物です。
別名深夜バス、夜行高速バスとも言われており、基本的には一般道路を使用せず高速道路に乗って長距離を走行します。
移動時間は長くなるものの、夜間ですから寝ていれば楽ですし、乗車料金もリーズナブルな価格で利用できるので非常にお得です。

このような便利な夜間バスは全国各地で走行していますが、その中には食の都と言われる大阪と中華街や八景島シーパラダイスなどがある横浜間を結ぶ路線も多数走っています。

まず大阪から向かうバスでいくつか例を挙げてみますと、株式会社オー・ティービーが運行している便では21時に大阪を出発し、草津を経由して5時10分頃に横浜シティ・エア・ターミナルへ着くバスがあります。

また、和歌山バスが運行するバスでは、府内にある堺駅前を22時50分に出発し、6時10分に横浜駅へ到着します。
逆区間については株式会社オー・ティービーの場合、横浜シティ・エア・ターミナルを24時5分に出発し、大阪区内の梅田へ7時30分頃に着きます。

バスタイプは4列シートとなっており、通常プランの場合は片道4,200円~7,500円で乗ることが可能です。

和歌山バスは横浜駅22時55分発で堺駅前には6時10分に着き、3列独立シートのゆったりとリクライニングができるこのバス料金は、日程によって多少料金が異なりますが片道6,800円~8,300円の間となっています。

この2区間を運行中の夜行バスは他にもあるので、利用の際は比較してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ