お得で便利な切符がある長野の高速バス路線

長野県は本州の内陸部に位置し、海に面していない数少ない県の一つです。
日本アルプスや白馬、妙高などの山々に囲まれ、清らかな諏訪湖や野尻湖など湖が多く自然の恵み豊かな地域で、善光寺や松本城、小諸城といった史跡もあり、旧中仙道の宿場町は人気のある観光地となっています。
県庁所在地を中心とする北信、松本市の中信、上田、佐久小諸の東信、飯田、諏訪、岡谷、伊那の南信の各地方に分けられ、この4地域は自然や歴史、交通など各面でそれぞれ特徴が異なります。

高速バスを運行しているアルピコ交通は、松本電鉄、諏訪バス、川中島バスが合併して誕生した新しい会社です。

観光ツアーバスも運行していますが高速バス路線も豊富で、新宿と長野、松本、白馬、諏訪を結ぶ各路線、長野、松本の各地から名古屋を結ぶ路線、大阪には長野、松本、茅野の各地から発着しています。

その他県内や隣接エリアへの高速バスも運行し、県民の足として定着している存在です。
新宿便で見てみると、始発駅は善光寺の大門前、途中8か所に停車して、新宿駅西口には約4時間の所要時間で到着します。

早朝から午後7時台まで京王電鉄バスとの共同運行で15便が運行していますが、新宿発の最終便は夜行便となり、全ての路線で高速バスと上高地、白骨温泉や乗鞍高原への乗り継ぎ割引があるセット切符があります。

新宿線では、その他に信州と飛騨乗り放題、戸隠高原5日間のフリー切符などお得な切符を発売しています。

成田や羽田空港往復のリムジンバスとセットになった乗り継ぎ割引切符や、ルミネTheよしもと入場引換券がセットになった切符もあり便利でお得です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ