東京を訪れるなら各地と結ばれている高速バスの利用がお勧め

日本の首都である東京都は経済、政治、文化の中心地で、国内だけでなく世界各国から多くの観光客が訪れます。
浅草や柴又方面へ行けば下町の伝統的な情緒溢れる町並みが見られますし、ネオンライトが輝く電気街の秋葉原ではハイテク機器を求めて買い物を楽しむ人が大勢います。
また、大都市ならではの高層ビルからは、息を呑むほど美しい夜景を眺めることもできます。

他にも、パワースポットとして人気の高尾山や、都心にいながら静けさと緑が味わえる等々力渓谷、蓮の花が見られる不忍池といった自然も楽しめる場所です。

このような東京都に足を運ぶ際は、自家用車や新幹線などを利用するよりも高速バスに乗って訪れることをお勧めします。
出発場所によっては長い時間バスに乗ることになりますが運転する必要がありませんし、リーズナブルな料金で利用可能なバスもあります。

全国各地から東京行きの高速バスは走行しており、例えば関西方面の阪急バスが運行する便では大阪から都内の新宿・渋谷・池袋へ止まるバスが走っています。

夜の時間帯を利用して走るバスで、通常運賃は7,400円~7,600円です。
また東北方面からですと、JRバス東北が青森・福島・秋田などから訪れる東京行きのバスを走らせています。

料金は青森からが7,500円、福島からが5,000円、秋田なら9,400円がそれぞれ片道での料金となります。

こうした多くの地域から東京行きの高速バスは走っているので、ショッピングやビジネスといった色々な目的に是非一度利用してはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ