大阪と名古屋を結ぶ高速バス

大阪、名古屋間を格安で移動するなら、断然高速バスが良いでしょう。
自家用車で移動の場合は、ガソリン代や高速道路料金が馬鹿になりません。
それなら、自分で運転する手間も省ける高速バスの方が楽ですし、快適に過ごせるのでお勧めです。

運行会社は数社挙げられますが、一つにはジャムジャムエクスプレスがあり、名古屋から梅田・USJ・神戸三宮まで行きます。

時間は、名古屋7:15発の梅田10:15着の昼行便と、名古屋24:30発で梅田翌6:00着の夜行便とがあり、それぞれ4列スタンダードと3列独立シートどちらかを選択可能です。

4列シートは真ん中に通路を挟んで左右に2列ずつシートが並ぶタイプですが、もし女性一人の場合は隣の席は必ず女性になる配慮がされますので安心できます。

3列シートは席のスペースにゆとりを持ち、前席との幅も90~120cmとゆったりとしているので快適さがアップします。

さらにWILLER EXPRESS東海は、名古屋則武1丁目から最終到着地がWTB大阪梅田と桃山台駅の2便を用意し、時間は9:30発と10:30発があります。

ゆったりサイズのオリジナルシートが3列又は4列で、どのシートになるかは乗車までのお楽しみです。
それでもWILLER自慢のゆったりシートですし、全席にブランケット・フットレスト・レッグレストも付いているため、心地良い移動時間を過ごせるでしょう。

JR東海バスは、朝6時台からほぼ1時間に1便の頻度でバスが運行されています。
最終の23:00発、翌朝7時着の夜行便も設けられていて、時間選びに幅がありとても便利です。

安い場合は千円台からの購入もできるので、大変手頃な価格と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ