水戸から利用できる高速バス

水戸から出ている高速バスには、東京方面・宇都宮方面・仙台方面等があり、手頃な料金で長距離を移動できるためとても便利です。
東京駅行きの路線の「みと号」は、JRバス関東・関東鉄道・茨城交通で共同運行されており、水戸駅南口から赤塚・大塚を通る赤塚ルート・茨城大学、常磐道内原を通る茨大ルート・県庁や茨城町西インターを通る県庁ルートがあります。

一番早い便の水戸駅南口5番乗場を4:50に出発するものから、一番遅い時間では20:30発の便が設けられています。
下りでは更に遅い時間の便も用意されていますが、23:00発の「みと号」と0:00発の「ミッドナイトみと号」は予約制なので乗る際は注意して下さい。

その他の便については、先着順の定員制で満席になると乗車できなくなるので、確実に乗りたい場合は早めに停留所へ行きましょう。
宇都宮方面に向かう便には、茨城交通と関東自動車が運行する「北関東ライナー宇都宮線」があります。

バスは海浜公園西口発の便と茨城交通勝田営業所発の2つのルートで、それぞれ水戸駅を経由して最終地の東武宇都宮駅西口に到着します。
停留所で駐車場を利用の場合、海浜公園では無料ですが、茨城交通勝田営業所では1日410円と有料になりますので気を付けて下さい。

二本松・仙台へ向かうなら、茨城交通から出ている「仙台線」の利用がお勧めです。

茨城交通勝田営業所・勝田駅西口・水戸駅南口・東海駅東口・日立駅中央口の乗車地を経て、二本松バスストップ・仙台駅前の停留所へ降ります。

それぞれ快適な車内ですから、是非利用してみては如何でしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ