仙台・大阪間の移動は乗り換えの必要がない高速バスで

高速バスは長距離を移動するのに便利な交通手段として、多くの人が使っています。
その理由の一つには、新幹線などの鉄道を使った場合と比べて、料金が格安な点が挙げられます。
更に鉄道と違う点は、走行区間によっては乗り換えなしで目的地まで到着するということで、例えば仙台・大阪間は、新幹線では乗り換えを一切せずに行くことは不可能で、東北新幹線から東海道新幹線への移動で東京駅で一旦降り、再び乗る煩わしさがあります。

しかし高速バスの直行便なら、一度バスに乗れば目的地までずっと同じ車内で過ごせますから、乗り換えホームまでの徒歩移動といった面倒な手間が省けます。

移動途中にはトイレ休憩の時間も設けられていて、長距離の移動でも十分に気分転換が図れますし、バスの構造も長時間乗っていても快適に過ごせるよう様々な工夫がされています。

仙台から大阪へ向かう便を幾つか紹介しますと、まずさくら観光では5,870円からのプランがあり、車両は足元がゆったりと座れる設計で、各座席にはコンセントが付いています。

膝掛けや耳栓のサービスもあり、女性1人の乗車の場合は隣の席が女性になるよう配慮されているので安心です。

続いてジャムジャムエクスプレス関西では6,800円から設定があり、リクライニングが付いた3列シートに仕切りカーテンがあり、独立した空間になっています。

またインフォマティックでは、コンセント付きで足元が広々とした座席で、乗車運賃6,300円からのプランの他、子供の場合は子供割引が利きます。
バスの旅は快適でリーズナブルなので、利用してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ