宇都宮市発着の高速バスは全国各地を結んでいます

栃木県の中部にある宇都宮市は人口50万人を超えており、北関東3県の中では最も多い市です。
餃子の街としても全国的に有名で、この餃子を扱う飲食店は専門店を含め200軒以上もあります。
事業者としては、川向町・宮園町にある「来らっせ」や、本町・川向町の「青源みそしる亭」などがその一部に挙げられます。

また、観光名所については、国の史跡になる「飛山城史跡公園」や国の重要文化財に指定されている「大谷磨崖仏」といった古い歴史を持つスポットも多く、他にもアットホームな遊園地の「とちのきファミリーランド」、モータースポーツを行う「日光サーキット」のような施設もあります。

こうした食や名所で楽しめる宇都宮市へは鉄道や自家用車などでも行けますが、高速道路を利用して走る高速バスに乗ってみてはいかがでしょうか。
このタイプのバスですと、自ら運転する必要がないので疲れもそれ程感じませんし、運賃も比較的リーズナブルな料金で済みます。

宇都宮市と各地域を結ぶバスはいくつかあり、例えば関東自動車株式会社が運行するのは名古屋方面と行き来できるもので、それぞれ1日1便が出ています。

夜行便となっており、大人片道8,130円、小人が4,070円で、車内が3列独立シートですからゆったりと寛ぎながら座れます。
また、隣県の茨城県内とを結ぶバスも発着していて、宇都宮市内行きですと昼行便が1日6便走っています。

料金は乗る停留所によって異なり、水戸からの乗車なら大人片道1,550円、ひたちなかからが1,750円です。

この区間以外にも成田空港や大阪府などの間も走っているので、是非高速バスで宇都宮を訪れてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ