新潟から大阪に行くなら高速バスの夜行便で

新潟から大阪に行く場合、鉄道では新幹線なら東京駅での乗り継ぎ、或は金沢などを経由して特急を利用する方法がありますが乗り換えが面倒ですし、片道の料金は1万円から2万円程掛かってしまいます。
また、飛行機を使えば所要時間は1時間強であっという間に着くものの料金が片道3万円前後になるため、往復することを考えるとかなり高額です。

ですが、高速バスを利用すれば新潟と大阪間は片道が1万円以下の便が多数出ており、往復切符なら1万5千円前後の料金で購入できます。
このようにリーズナブルな高速バスは、直行便としては夜行便のみが運行されており、所要時間は10~11時間位です。

10時間以上もバスに乗るのかと驚く人もいるかもしれませんが、そういった夜行便のバスには長時間の乗車でも快適に過ごせるよう、様々な工夫や配慮がされています。

特徴的なことは、女性の一人旅でも安心して乗れるように、女性の隣には必ず女性が座るよう席が割り振られる便もあり、その他3列の独立シートになっている車両や4列シートでも広々と座れる車両、トイレ付き、Wi-Fi利用可能など便によって色々です。

また運行便は、WILLER TRAVELの「WILLER EXPRESS」や新潟交通の「おけさ号」に加えて南海バスの便も出ているため、利用したい人はそれぞれの仕様や運行時間なども調べてみると良いでしょう。

高速バスなら夜出発して翌朝には大阪に到着しますので移動時間を睡眠に充てられ、現地で丸一日しっかり活動したい人には最適です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ