郡山から高速バスに乗って仙台の野球チームを応援

宮城県仙台市に本拠地を置く東北楽天ゴールデンイーグルスは、震災後の東北を元気づける野球チームです。
2005年のシーズンからプロ野球に新規参入し、8年後の2013年待望のリーグ優勝、続く日本シリーズにおいても初優勝を遂げ東北は歓喜に沸きました。
熱烈な各地のファンは応援に駆け付け、共に喜びを分かち合ったことでしょう。

隣の福島県とを結ぶ高速バスの路線は、通勤、通学、ビジネスに幅広く利用されています。

商業都市郡山との間は、在来線の鉄道を利用した場合と料金、所要時間ともほとんど変わらず、郡山からの高速バスは所要時間2時間で片道2,200円です。

運行している宮城交通と福島交通では専用の回数券を用意していて、2枚綴りで4,400円のところ3,400円、6枚綴りだと9,300円と1枚当たりの金額が500円以上安くなります。

回数券を行きと帰りに1枚ずつ使ったり、友人何人かで分け合ったりして利用するとお得です。

本拠地のある球場までは仙台駅東口からシャトルバスが運行されており約5分で到着しますが、一度電車を降りてバス乗り場まで移動が必要ですし、電車の場合は乗り換えなければなりません。

その点、高速バスはプロ野球公式戦の開催日に合わせた球場までの延長運転があり、デーゲームに合わせた午前の便とナイトゲームに合わせた午後の便が各2本ずつ走っています。

仙台、郡山間の高速バスのお勧めポイントとしては、予約が不要なこと、毎日29往復で思い立ったらいつでも出発できること、無線LANやWi-Fi搭載で車内でのネット接続が可能なことです。
是非、利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ