徳島に行くには神戸から高速バスで格安に

四国の東部に位置する徳島県は、約400年もの歴史を持つ伝統文化の「阿波踊り」や「鳴門海峡」「鳴門大橋」などが有名です。
観光スポットには「鳴門の渦潮」も挙げられますが、その他万葉集でも詠まれた「眉山」や国の重要文化的景観となっている「樫原の棚田」、四国名八十八ヵ所霊場の一つである「薬王寺」、蔦を編んで作った「祖谷のかずら橋」、情緒溢れる「うだつの町並み」などがあり、旅好きなら是非訪れてみたい所でしょう。

さらに、藍染めやダイビング、ラフティングといった体験が行えるので、様々な楽しみ方が選べる地域でもあります。
四国という土地柄、本州とは繋がっていませんが、海上を挟めば兵庫県がすぐ近くで、高速バスを利用して訪れるのも可能です。

神戸から出ている高速バスを見てみますと、JR四国バスの「阿波エクスプレス」や阪神バス株式会社の「サラダエクスプレス」以外に、海部観光やフットバスからもバスが走っています。

その中でも格安なのは海部観光の昼の便で、2,200円からプランが設定されており、車両のタイプが3列独立型シートで、女性一人で乗る場合に隣の席も女性になるよう配慮されています。

また、フットバスの「高松エクスプレス」は4列シートですがゆったりと座れる造りで、それぞれの座席にコンセントやひざ掛けが付いており、車両にはトイレも設けられていて便利です。

料金は2,500円~2,900円で、子供の利用であれば子供割引もあります。

運行会社によって料金設定は色々ですから、比較して選べます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ