大宮と関西や北陸を繋ぐ高速バス

旅行やビジネスなどで長距離を移動する時に、高速バスを使う人は少なくないのではないでしょうか。
高速バスで地方から関東方面に行く場合、最終地点は東京へ着く便を考えるかもしれませんが、東京よりも埼玉県で降りる方が目的地に行くまでのアクセスが良い場合があります。
そこで大宮が発車・終着地点となる便を挙げますと、VIPライナーでは関西や北陸を繋ぐ路線が多数設定されています。

まず関西方面では京都、新大阪、大阪、なんば、神戸三宮、それから北陸方面は富山、高岡、金沢の各路線と結ばれています。

例えば、京都の夜行便では車内が2列と1列の3列シートになっていて、ブランケットやミニ枕、カーテンに携帯電話などの充電設備も付いており、無線LANやテレビも使用可能です。

座席は、飛行機のビジネスクラスと同じ造りの電動式バックシェルシートで、ゆったりと寛げるため長時間のバス移動でも快適に過ごせます。

また、富山・金沢の夜行バスは座席が4列の電動シートで、プライベートカーテンや前方遮光カーテン、大型のブランケットにミニ枕といったアメニティが充実しています。

乗降地点となる大宮はバスに乗る前、時間が少し空いてしまっても時間潰しが可能で便利なエリアです。

お勧めのスポットとしては、JR駅から歩いて3分の鰻の炭火焼店「山家」や、駅東口を出てすぐの場所にあるスイーツ屋「甘味屋田むら」、駅西口から歩いて5分の「埼玉県物産観光館そぴあ」などが挙げられます。

このように大宮からの高速バスなら出発前の時間調整も行えますし、贅沢な車両の便もあるのでお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ