名古屋と仙台を高速バスで移動するなら

中部と東北それぞれの政令指定都市である名古屋と仙台は、旅行の他に、ビジネスにおいても人々の多くの往来があります。
この二つの都市間を高速バスで移動する事も可能で、コストを節約したい方や時間的に都合が良いといった方には特にお勧めです。
いくつか挙げてみますと、まず宮城交通と名鉄バスが共同運行している「青葉号」は、名鉄バスセンター・栄・仙台駅前の3つが乗降地になっており、上りは21:30に出発して翌朝6:40に栄へ、6:50に名鉄バスセンターに到着し、下りは21:30に名鉄バスセンター、21:45に栄を出発して翌朝6:50に仙台駅前へと着きます。

料金は繁忙期や閑散期によって違いが出てきますが、7,000から11,000円の範囲です。
全席指定の予約制で、ハイウェイバスドットコムからのインターネット予約、または電話での予約となりますので早めの手配が良いでしょう。

車内は3列シートで広々としたスペースが快適で、また、運転士が2名乗務するため安全面でも安心できます。
一方、夜行便で直行するのではなく、日中に東京で過ごしたいという方には乗継便が最適です。

一例を挙げると、最初に仙台を8:50に出発して14:35に新宿に着く便を利用し、その後、夜までをビジネスや観光等で東京で過ごします。

東京ディズニーランドから出発している夜行便に新宿か池袋から乗車できますので、23:15か23:55に東京を出発し、名古屋南ささしまライブに翌朝6:00に到着といったスケジュールが組めます。

夜行便や乗継便をニーズに合わせ選択し、リーズナブルな価格で快適に2都市間を移動しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ