大阪から富山へは高速バスに乗ってのんびり旅を楽しむ

大阪から富山へ向かう高速バスは、朝・昼・夕・夜行と全ての時間帯で選べますから、移動にはとても便利と言えます。
朝・昼・夕の便は、富山地方鉄道・阪急バスが共同運行する12の乗降地を持つ路線があります。
大阪を出発し、千里ニュータウン・名神高槻・京都深草等を経由した後、富山の6箇所の降車地を巡りますので、より多くの人が利用し易い路線です。
1ヶ月前から販売される座席は予約指定制で、早めの予約をお勧めします。

車内のシートは3列独立タイプでプライバシーを確保でき、とても快適な走行時間を過ごせますし、ひざ掛けを無料で貸出されるので持参せずとも寒さ対策が行えます。

また、トイレ付きのバスなので、トイレの近い方や心配な方でも安心できます。

もう一つの昼行便は西日本JRバス運行の「北陸道昼特急大阪号」で、便名の通り北陸を巡る路線で、大阪駅・京都駅烏丸口を通った後は、福井インター・尼御前・北陸小松・松任海浜公園・片町・香林坊・武蔵ヶ辻・金沢駅へ停まり、最終目的地の富山駅に向かいます。

8:40に出発して15:50に着きますので、弁当を食べながら窓越しから北陸の風景を楽しむのも素敵でしょう。
さらに夜行便には、2+1の3列シートや3列独立シートのバスが選べます。

所要時間が約8時間50分・7時間50分と多少差があったり、乗降地の違いに料金の差額があったりしますので、比較して、自分の好みや都合に合った便を選びましょう。
このように大阪から富山への高速バスに乗って、のんびり旅を楽しんでみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ