東京から岐阜へ高速バスでの旅

岐阜には、織田信長ゆかりの地や金華山、世界遺産の白川郷等、数多くの観光スポットがあります。
東京から出ている高速バスを使えばのんびりと旅気分にも浸れて、より旅行の楽しさが増すでしょう。
濃飛乗合自動車と京王電鉄バスが運行するのは新宿~飛騨高山線で、新宿から平湯温泉を経由しながら高山までを結んでいます。

乗車地は新宿駅西口バスターミナル・中央道三鷹・中央道深大寺・中央道府中・中央道日野・中央道八王子で、降車地が平湯温泉・丹生川・高山バスセンターとなり、こうした都内の多くの地点で乗車できるのは利用者にとっても有り難いでしょう。

便数は1日上り・下り各6便で、飛騨高山方面では始発7:00発・12:30着、最終便が17:00発・22:30着となっています。

4列シートのバスですが、通常料金にプラス2,000円のオプション料を払うと隣り合う2席を1人で利用できる「ひとりだけシート」サービスに申し込めるので、1人旅を誰にも邪魔されずに静かに過ごしたい方にはぴったりです。

また、夜移動して、次の日の朝一番から現地を満喫したいと考える方には夜行バスがあります。

小田急シティバスと岐阜バス観光が運行する「パピヨン号」は、ハイアット・リージェンシー東京を23:00・新宿駅西口を23:10に発車し、美濃中濃庁舎・関市役所等を経由しながら名鉄岐阜に6:05に到着します。

3列独立シートなので窮屈さを感じず快適で、睡眠を取る際にも人に邪魔されずゆっくりと眠れます。
そして、ネット早期購入割引「早トク」で購入すれば最大25%引きにもなり大変お得です。
安く快適な移動が行える高速バスで、東京から岐阜への旅を計画しませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ