都内に多数の乗車地点がある東京と神戸間の高速バス

東京都から大阪府の更に西に位置する兵庫県までは距離が遠いですが、その距離を数千円で移動できてしまう移動手段があります。
それは高速バスで、最も安い値段で3千円台で乗車券を購入できるのは魅力的ではないでしょうか。
神戸までの路線は実に多く挙げられるため、乗車地・時間・車両タイプ等色々な条件を考慮して選びましょう。

例えば、夜行バスは就寝中に移動ができるので、特に時間を有効活用できます。
ベイラインエクスプレスが運行する夜行バスがあり、最低価格が3,900円からとリーズナブルさが魅力です。

WBT新宿西口を24:30に出発し、そのままダイレクトに三宮へと向かって翌朝9:20に到着します。

シートは利用客の声を反映させて造られた新シートを採用し、長時間でも身体をしっかりと支えてくれる快適クッションや可動式のレッグレストで疲れを大幅に軽減してくれます。

また、首へのサポート力のある枕や足を伸ばせるフットレスト、寝顔を気にせず眠る事ができるカノピーも付いています。
OTB運行のバスはTDLから出発し、新宿駅南口を24:15に発車、京都駅八条口・大阪梅田を経由して翌朝8:10に三宮に着きます。

縦10列のゆったりワイドシートは背の高い男性でも寛げる広々空間ですし、また、女性に嬉しい女性安心エリアが設けられ、女性のみでの乗車の場合には周りが全て女性の席となります。

その他に、東京駅・池袋・西新宿等の地点から乗れる夜行バスもあり、選択肢が広く利用にはとても便利です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ