岡山と福岡を結ぶ高速バスで中国地方と九州を巡る旅を

まとまった時間がとれたので中国地方や九州へ旅に出てみたい、そういったことを考える人もいるでしょう。
しかし、旅行に行くにはそれなりにお金が必要ですし、特に複数の地域を訪れる場合は交通費や宿泊費をできるだけ安く済ませたいと思うものです。
そのような時に最適な交通手段が高速バスで、主要都市や観光地などには運行路線が豊富に存在しています。

飛行機や新幹線と違って移動時間は長くなりますが、夜行バスを利用すれば寝ているうちに目的地まで移動できますし、料金設定が非常にリーズナブルです。

そのため、交通費の節約ができるだけでなく、移動時間も有効に使えて一石二鳥と言えます。

例えば、岡山から福岡へ移動の場合には夜行便「ペガサス」があり、両備バスと西日本鉄道の共同運行で、運賃は片道5,860円から7,410円となっており、往復で購入すれば10,900円から乗車可能です。

この便は1日1往復で、福岡行きの所要時間は9時間35分、天満屋バスセンターを21時45分に出て西鉄天神バスセンターへ翌朝7時20分に到着します。

また反対に、岡山行きは西鉄天神バスセンターを21時50分に発車し、翌朝の7時に天満屋バスセンターに着きます。
車両は座席が3列独立シートでひざ掛けが用意され、トイレも付いていますので、長時間のバス旅でも快適です。

さらにこの便は、倉敷や小倉、博多にも停車場があるため、岡山市や福岡市以外を訪れる場合にも便利に利用できます。
是非、中国地方や九州を巡る旅行プランを立てる時には参考にしてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ