広島と横浜を走る2種類の高速バス

広島と横浜間を結ぶ高速バスには2種類の夜行バスがあり、一つはメイプルハーバーという可愛らしい愛称の付いた便で、両地点の象徴的な存在となる「モミジ」と「港」から取った名前です。
乗降地は、広島駅新幹線口・広島バスセンター・中筋駅・西条昭和町・福山駅前・広尾・倉敷IC・岡山IC・町田バスセンター・横浜駅東口で、上りは19:50発・8:30着、下りが19:50発・8:20着となります。

所要時間は約12時間30分前後で、運賃は片道12,100円ですが、往復で買えば21,700円と割引価格となりとてもお得です。
さらに、学割や身障者割引が設定されています。

平成26年6月1日より新車が導入されて全24席の3列独立シートに変わったため、ゆったりとした余裕のあるスペースで寛ぐ事ができます。
また、座席の間を仕切るフェイスカーテンが設置されているので、プライベート空間で人目を気にせずゆっくりと眠れます。

トイレ付の車両ですから安心ですし、パウダールームも付いているなど女性には嬉しい設備もあります。
もう一つの夜行便はドリームスリーパーで、その名前が物語る様に上質な眠りを提供する事をコンセプトに作られています。

全部で14席だけのシートは2列独立シートとなり、各座席カーテンとパーティションで仕切られるので完全個室の空間で過ごせます。
車内は土足厳禁で床にはふかふかな絨毯が敷かれ、席ではスリッパに履き替えながら寛げます。

経路は岡山県内の停留所を抜いた形で、メイプルハーバーと同様です。
どちらも快適な車内ですので、疲れを感じずに移動できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ