快適高速バスでもっと気軽に富山へ行こう

2015年3月に北陸新幹線がついに開業し一際注目を集めている富山ですが、交通手段は新幹線や飛行機だけではありません。
高速バスを利用すればもっとリーズナブルな値段で訪れる事が出来、もっと気軽に北陸旅行を楽しめます。
新宿・池袋から出発している富山地方鉄道と西武バスが共同運行する路線は、黒部・魚津・滑川等の見所スポットを経由して富山市内へ向かいます。

始発便は新宿6:50発で所要時間は約7時間なので、現地に到着してからも半日丸々を観光に充てられます。
料金は日別・便別で5段階に分けられており、5,900~8,200円の間で設定されています。

また、川越的場でも乗車出来ますので、そちらからの利用の場合には500円程割安になります。

朝一からアクティブに現地を楽しみたいという方には夜行便の利用がお勧めで、WILLER EXPRESSからは新宿経由で横浜発の夜行バスが運行されており、最安値では3,000円という驚きの値段が表示されていますので、タイミングが合えば非常にラッキーです。

しかも、リラックスNEWというバージョンアップされたゆったりシートが採用されていて、お休み時に重宝するの顔隠しカバーであるカノビーの空間も拡大されました。

枕もフィット感アップで快適度も上がっていますし、その他、足元の広さが自慢のさくら観光や、プライベートカーテンが設置されている平成エンタープライズ運行など、それぞれがカラーを出しています。

お安く快適に移動出来る高速バスで、富山へ遊びに行ってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ