白馬村への観光はゲレンデまで直行する高速バスが便利

長野県の北西部に位置し、北アルプスのふもとにある北安雲郡白馬村は避暑地としても有名で、夏季は登山、冬季はスキーを楽しむ観光客で賑わっています。
また、国内でも最大規模を誇る白馬八方尾根スキー場は長野オリンピックの会場になったことでも知られており、その他にもスキー場やジャンプ競技場などのスポーツ施設が充実していて、一年を通して全国から大勢の観光客が訪れます。

車の場合は高速道路の長野ICや安曇野IC、糸魚川ICからが便利で、鉄道や特急バス、路線バスでも行けますが、高速バスを利用すれば乗り換えがなくゆっくり過ごすことができ、運転で疲れる心配もありません。

高速バスで行く最大の利点は、料金が公共交通機関よりも低く設定されていることで、交通費を抑えられることから人気があります。
また、ウィンタースポーツのシーズン中はゲレンデまで直接行ける直行バスも運行されていますので、便利に利用できるでしょう。

ゲレンデ直行バスは、関東地方はもちろん東海地方や関西地方発の便も運行されており、各地からの利用が可能です。
出発当日まで受け付け可能な会社もありますので、急な計画にも対応してもらえるという利点もあります。

この直行バスはゲレンデ周辺の観光地や温泉地などにもバス停があり、予約をすれば停車可能なので、ゲレンデを目的にしない方でも有効活用できます。

電話やインターネットのオンラインで簡単に予約ができますので、白馬村への観光は高速バスを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:高速バスを知りたい

このページの先頭へ