6月の北海道旅行は魅力がいっぱい

春夏秋冬、北海道はどの季節に訪れても魅力的な土地です。
中でも6月は、新緑と花々が春の訪れを告げる、まるで絵画のような壮大な景色に出会える時期でもあります。

観光地としてもうすっかり有名になった、富良野、そして美瑛です。
6月はラベンダーやその他の花々が咲き誇ります。
特にラベンダー畑は、鮮やかな紫色一色の世界が広がり、爽やかな香りに包まれます。

そしてラベンダー畑と周囲の緑が見事なパッチワークとなって、絵画のような風景が広がります。
まさに北の大地を体感出来る、そんな雄大な景色です。

また美瑛には、CMで有名になったマイルドセブンの木があり、丘にそびえる大樹は、壮大な風景です。
美瑛からも近い、富良野はテレビドラマ「北の国から」でも有名になった土地で、ドラマの撮影に使用された家などが残されており、ドラマの中に自分がいるような気分を楽しめます。

そして女性にも人気のグッズショップやお洒落なレストランなども多くあり、一日かけて十分に楽しめるスポットです。
爽やかな季節なので、徒歩であちこち歩いてみてもあまり苦になりません。
本州が梅雨で鬱陶しい季節に北海道を訪れると、まるで天国のような爽やかさです。

旅行に最適な季節で、富良野や美瑛はもちろん、他にも道内各地、素晴らしい景色とおいしい食べ物に出会えます。
飛行機を利用すれば、札幌をはじめとした主要都市にはすぐに行けてしまうので、週末を利用して1泊2日の旅行も十分に可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:北海道旅行

このページの先頭へ