夏休みに北海道旅行をするメリット

夏に北海道旅行を考えた場合、富良野のラベンダー畑という単語が出てくるくらいラベンダー畑は有名な観光地で、誰もが一度は見てみたい景色の一つです。

ただし、夏休みにラベンダー畑を見に行こうと考えた場合には注意が必要です。
なぜならば、ラベンダー畑には見頃の時期がある為です。

まず、ラベンダーは初夏の花です。
そして、富良野に植えられているラベンダーの場合、早咲きと遅咲きの二種類があります。

このため、見頃の時期は2回有るのが特徴です。
そして、見頃になるのは7月の中旬から下旬にかけてです。

この期間に旅行の計画を立てて訪れなければ、楽しめる確率が減ります。
なぜ確率かというと、ラベンダーの開花時期がずれることありませんが、見頃の時期が後ろにずれる年もあるからです。
この理由は、雨が影響しています。

ラベンダーが開花を過ぎると徐々に黒っぽく変色していきますが、黒くなる理由は雨が原因だからです。
このため、雨があまり降らない年などは8月上旬でも十分に楽しめる年もあるそうです。

ただし、ラベンダー園は観光目的ではなく、ポプリやアロマオイルの原料として栽培しているラベンダー園も多いです。
そのため、満開を過ぎるとすぐに刈り取ってしまう場合もあります。

このことから、8月が過ぎて北海道旅行でラベンダー畑を楽しみたいと思った場合には、ラベンダーの花が残っているか、刈り取り前かどうかを確かめることが大切です。

このように夏休みに北海道旅行でラベンダーを楽しみたいと思った場合、時期が限られてきますので、見頃の時期を考えて計画する事をお薦めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:北海道旅行

このページの先頭へ