極寒が魅力、冬の北海道旅行

北海道といえば夏場の旅行先として人気ですが、寒い土地にはあえて寒い季節に行くというのもおすすめです。
特に2月の寒さは想像を絶するものがあり、空気が痛いと思うほどです。
しかしこれを体験してこそ、北海道の真の姿を知ることが出来るでしょう。

内陸に行くとさらに極寒で、空気中の埃がキラキラと光るダイヤモンドダスト現象を体験すると、寒いながらも幻想的な景色に魅了されます。
また網走、知床方面であれば、流氷を見ることも出来ます。
砕氷船に乗って流氷の海に出ていく観光もあり、これもまた冬ならではの楽しみです。

観光だけでなくスキーやスノーボードも、冬の北海道旅行の醍醐味の一つで、パウダースノーのゲレンデは北海道ならではのものです。
富良野やトマムといった広大なスキー場に行くと、ゲレンデを独り占めしているかのような気分で滑ることも出来、また札幌近郊にもスキー場は多くあるので、札幌のホテルに泊まってお昼はスキーを楽しみ、夜は札幌を楽しむという遊び方もおすすめです。
また2月には札幌で雪祭りも必見なので、これに合わせて行くという旅行の楽しみ方もあります。

もう日本でも恒例となった雪祭りですが、札幌の中心で行われているので、夜にはすすきので美味しいものを楽しむこともでき、冬のあったかグルメで北海道を満喫する事も楽しいでしょう。

冬の北海道は、寒いからこその魅力、楽しみがいっぱいです。
北海道でなくては体験できない寒さ、自然現象、それを知った時、北海道はますます魅力的な土地に思えてきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:北海道旅行

このページの先頭へ