7月の北海道旅行は魅力が満載。夏も爽やかなので、避暑地としても最適です

7月の北海道旅行は魅力が満載の季節なので、大変お勧めです。
夏の北海道は、暑いながらも湿気が少ないので、さらっとしていて爽やかな空気をしており、本州では、なかなか感じることの出来ない、気候です。
夜は涼しくなるので、夏の北海道は避暑地として最適で、ペンションなどはクーラー(エアコン)が設置されていなかったりもします。

また、7月に旬を迎える美味しい食べ物が色々あります。
新鮮な農作物や海の幸が手に入る市場では、北海道ならではの物が手に入るので、お土産などで沢山購入をしても宅配が可能なので、思う存分買い物を楽しみましょう。

北海道の内陸、中心部の各農園ではジャムやアイスクリームも販売もあるので、小さいお子さんのいる家族旅行にもお勧めで、動物などとのふれあいも楽しみ方の一つです。

楽しみ方が多くあり過ぎて、限られた時間をどのように過ごしたらよいか迷うかもしれません。

本州の7月はとても多くの人が観光に訪れるので、週末は道も混み合い、また人気のレストランなども混雑してしまいますが、それに比べ、北海道は非常に広大な土地なので、ガイドブックなどを参考にして訪れたい場所をしっかり調べればあまり混み合うこともありません。

訪れる際は、レンタカーの予約をするなど、移動手段も考えておきましょう。
北海道の広さと自然の美しさは、私達に癒しとパワーを与えてくれます。

美味しい空気を吸いながらのんびりと旅行を楽しみ、明日への活力を得てきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:北海道旅行

このページの先頭へ