北海道で快適に旅行するならば10月までがお勧め

日本の10月は全国的に晴れの天気が多く、過ごしやすい気候です。
北海道の平均気温は朝晩は7度前後で、日中の最高気温は10度前後と少し肌寒い気候ですが、11月になると本格的に冷え込み、初雪が観測されるところも出てくるので、快適に旅行するならば10月までをお勧めします。

折角なので、秋を満喫出来る満喫プランを立てた方が楽しめるでしょう。
例えば、紅葉は各地で見頃を迎え、知床五胡や大沼国定公園では、水面と紅葉のコントラストが楽しめますし、大雪山や層雲峡の雄大な景色も見応えがあります。
他にも、千歳川や十勝川など道内7か所で見られるダイナミックな鮭の遡上は秋の風物詩ではないでしょうか。

また、洞爺湖では、4月から毎日約450発の花火を湖上の船から打ち上げるロングラン花火大会があり、2013年は10月31日まで開催されています。
これは、洞爺湖の温泉街であれば、客室や露天風呂から眺める事も出来るので旅行客からも好評です。

そして、旅の醍醐味と言えば、地元の新鮮な食材を豊富に使用した料理です。
秋の北海道は、海の幸も大地の恵みも楽しめます。
海産物なら、秋刀魚、シシャモ、鮭、イクラなどが、農作物ではジャガイモや新蕎麦などが旬を迎えます。

また、産地ではイベントも開催しているので、新鮮な食材をお祭り気分で味わう事が出来ます。
平成27年には、青森と函館間を結ぶ北海道新幹線の開業が予定されており、ますます手近に気安く旅行が楽しめます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:北海道旅行

このページの先頭へ