北海道旅行をする計画を立てる時、どこを巡るか考えるのも楽しみの一つです。

北海道旅行をする計画を立てる時、どこを巡るか考えるのも楽しみの一つです。
見どころが随所にあり、行きたい所があれもこれもと出てきて観光する場所を絞るのは難しいですが、面積は韓国と同じくらいの広さがあるので、区分地図を自分が住んでいる所の地図と同じ縮尺で考えると痛い目に遭います。

広大な土地なので、自動車での観光が最も適していますが、旅行の目的をしっかり決めてからプランを立てた方が良いでしょう。
北海道は、道央、道東、道北、道南の4つに区分されており、それぞれに違った特徴と魅力があります。

道央では、スキーやラフティングなど、四季を通してアウトドアレジャーを楽しめるニセコや、レトロな街並みと運河の風景が印象的な小樽などがあります。
ドライブ中に立ち寄れる温泉も多く、短期間の旅行にお勧めです。

道東は、世界遺産でもある知床の湿地や、夏はホエールウォッチング、冬は流氷体験など珍しい体験が出来る網走、牧歌的な風景がどこまでも続く、酪農が盛んな十勝平野など、スケールの大きな自然が魅力です。道北には、動物の生態が観察出来る事で一躍有名になった旭川動物園や富良野のラベンダー畑、紅葉の名所、層雲峡など観光スポットが多岐に渡って点在しています。

道南は、泉質の種類が豊富な登別温泉や百万ドルの夜景で知られる函館が有名で、サラブレッドの生産が盛んな日高の緑の中をサラブレッドが歩く光景は見ものです。
このように、見どころが広大な土地に存在しますので、どこを巡るかしっかりプランを立てて楽しい旅行にしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:北海道旅行

このページの先頭へ