山口県のホテルの特徴を知っていますか?

山口県には温泉地が多く点在し、温泉旅館以外でも温泉を楽しめる宿泊施設が豊富にあります。
下関に近い川棚温泉、県庁所在地近くにある湯田温泉、歴史の街萩の萩温泉卿、日本海側の湯谷湾温泉、東部にある湯野温泉、静かな山あいにある三丘温泉などです。

これらの温泉の共通した評判は、ふぐをはじめとする海の幸が非常に美味しいということで、山口県の温泉宿に泊まったことのある人なら口を揃えてそう言うでしょう。
山口市の中心地にほど近い繁華街にある湯田温泉にはビジネスマンも多く利用することからホテル街があり、そのほとんどが温泉を楽しめるものです。

湯田温泉は古くに白狐が傷を癒したと言われており、白狐は街のシンボルにもなっています。
その泉質は肌によくなじむアルカリ性でやわらかく、一日に2000トンもの天然温泉が湧き出る豊富は湯量が特徴です。
冷え性、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病などに効くとされ、街の中には無料で楽しめる足湯があちこちにあります。
また、ホテルが密集しているのでお湯めぐりを楽しんだりする人もいます。

県内の主要駅の周辺にはビジネスマンをターゲットにした宿泊施設が建っていますが、これらは都会のものにくらべて宿泊費が安く設定されています。
ネットで調べると2980円からあります。
またカップルの人が利用できる安いプランなども用意されていたり、名物のくじらやふぐを使った食事を楽しめるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ