前は海、後ろは山の観光県、宮城。ホテルの豊富さを利用して存分に楽しむ。

東北地方の経済の中心地である仙台市を擁する宮城県。
前は海、後ろは山と称される地形から、食の宝庫としても知られています。
日本三景のひとつ松島を始めとする観光資源にも恵まれ、毎年数多くの観光客を集めています。

その観光客の受け皿となる宿泊施設も充実しており、仙台市内は勿論のこと郊外、郡部にいたるまで主要な観光地においては、まず宿泊施設に困ることはありません。
しかし、新鮮な海の幸とリアス式海岸の絶景で知られる北部沿岸部を初めとして、先の東日本大震災での大きな被害は未だその爪痕を残したままであり、震災以前と同じようなサービスが提供できないでいるホテルも数多く存在します。

そのような施設も徐々にではありますが営業を再開し、以前と同じような賑わいを取り戻そうと努力しています。
東北における経済と観光の中心地を自認する宮城県では、災害からの復興と発展のためにあらゆる力を注いでいます。

こけしと美しい渓谷で知られる鳴子峡温泉や仙台市中心部からほど近い秋保温泉などの温泉施設も県内に数多く有し、伊達62万石として栄華を極めた歴史的史跡の多くも整備修復され、全国でも珍しい一国ニ城のお墨付きを得て作られた白石城も歴史好きな観光客の人気です。
七夕祭りに代表される伝統行事やイベントも従来通りに行われるようになりました。

見所いっぱいの宮城県の観光ですが、その豊富さ故にそれぞれの観光名所が分散しているのも事実です。
観光を計画する際はエリアや目的を絞ってホテルに連泊しながら重点的に見て回るか、あるいは豊富な宿泊施設を移動しながらお目当ての場所を効率よく訪れるか、いずれかのスタイルに沿って計画を立てると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ