仙台駅前のホテルは、一昨年に発生した東日本大震災により、今現在においても需要過多の状態

仙台は、昔から商工会議所の力が強い地域で有名であり、その結果仙台には全国組織のホテルがほとんどない状態がしばらく続いていました。
しかし、昭和の終わりごろから、規制緩和の声があらゆる分野で叫ばれ、地元の干渉のような見えない障壁が撤廃されると、すさまじい勢いでチェーンホテルが次々と建設され、仙台駅前にも数多くのチェーンホテルが開業しています。

もはや乱立といってもいいくらいですが、一昨年に発生した東日本大震災により、仙台の宿泊施設事情は一変しています。
それは復興復旧支援のための宿泊施設が、岩手県、宮城県、福島県の三県全体で合わせても、供給量が絶対的に足りないからで、そのため三県の中心都市である仙台の宿泊施設を集中的に利用しようとする動きが高まって、今現在においても需要過多の状態が続いています。

その中でも仙台駅前の宿泊施設の特長は、新しい宿泊施設の場合、温泉施設や大浴場の設備を設けるトレンドが見られ、地下2000メートル以上掘削して温泉を目玉にして、他との差別化の動きが活発しています。
また、超高層化の傾向もあり、とにかく過当競争の中で、他よりも付加価値をつけようとする動きが顕著な傾向です。

仙台駅前には、リーズナブルなビジネス用の宿泊施設から、国際的な外資系の宿泊施設まで、さまざまなタイプの宿泊施設が揃っており、費用に応じて選ぶことができるでしょう。
料金を選ぶか、立地条件を選ぶか、それとも格を選ぶかは自分自身の判断ですが、条件に適った宿泊施設を選び、大いに旅情に浸られてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ