香川県のホテル周辺の楽しみ方

うどん県としても有名な香川県は、金刀比羅宮へ参拝するために訪れる人が多い地域でもあり、そのため金刀比羅宮表参道の周辺には、数多くの旅館やホテルが立ち並んでいます。
実はこの地域はこんぴら温泉郷でもあり、そのため、この地域の旅館やホテルは、温泉施設を持ったところが多くあります。

宿泊施設の立地によっては、象頭山、つまりこんぴら山を借景にすることができるのも大きな特徴、かつ楽しみと言えるでしょう。
その上に、この地域はうどんや温泉だけではなく、瀬戸内海の海の幸を堪能できます。

宿泊施設の周辺には食べるだけではなく、うどん作りの体験をすることができる場所も存在し、宿泊施設に泊って、こんぴらさんに幸せ参りをして、香川県の本格的なうどん巡りをして、温泉に浸かってゆったりとした時間を過ごすことができるのがこの地域の楽しみ方と言えます。

高台に位置した宿泊施設の中には、瀬戸内海の島々を一望にできるところもあり、また高松市内の夜景を楽めるところも存在しています。

そして琴平は歌舞伎の町でもあり、毎年春には四国こんぴら歌舞伎大芝居が開催され、こんぴら歌舞伎大芝居の公演時に、金丸座の入り口には歌舞伎絵が掛けられます。

これは歌舞伎絵の世界の楽しさを知る機会でも良く、また歌舞伎の特別公演といったことも開催される町でもありますので、それを目当てに訪れるリピーターもいるほどです。

香川県には上記のような盛りだくさんの楽しみ方があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ