以前開催されたオリンピックの時には、長野中のホテルが満室となり、泊まれるビジネスホテルさえ1件もなかったそうです。

出張で使うホテルと言えばビジネスホテルと思いがちですが、旅行で使う人も多くなりました。
その理由は、ビジネスホテルの立地が交通のアクセスが良いところにあるからです。

特長としては、圧倒的な立地条件の良さと、無駄を省き低価格で泊まれること、また、無線LANケーブルが用意されていて使い放題のところがほとんどだということがあります。
最近はスマートフォンの普及でメリットではないと思われるかも知れませんが、やはり仕事で泊まる場合は必要な要素です。

1948年に旅館業法が施行され、これが大きな転換期となり、大手のホテルがチェーン展開しているところもあれば、個人経営のホテルもあります。
以前長野で開催されたオリンピックの時には、長野中のホテルが満室となり、泊まれるビジネスホテルさえ1件もなかったそうです。

シティホテルと違うのは、最低限の客室スペースと結婚式場やレストランやバーがないところですが、最近では、温泉を導入するところが多く、他のホテルとの差別化を図っています。
また、朝食はバイキングが多く、大抵は宿泊料に含まれています。

宿泊料金は、1泊4000円から7000円までが主流です。
最近はフロントが無人となり、自動チェックイン、チェックアウトシステムを導入するところも増えてきました。

徹底的に無駄を省くことで宿泊料金が安くなるのは、顧客にとってもありがたいことです。
昔ながらの旅館も風情があって良いですが、今は用途や予算に合わせて、ホテル選びをする時代となりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ