小倉には、ビジネスや観光など多様なニーズに対応したホテルが多数存在しています。

九州の玄関口である小倉は、1963年に、他の4つの市と合併して北九州市として新たに誕生しました。
北区と南区に分けられ、北区はJRの駅を中心とした北九州市の実質的な中心地区で市庁舎も置かれています。

山陽新幹線開通と共に観光客やビジネス客も増加し、更に北九州モノレール開通により一層発展し、現在では福岡県内では博多に次ぐ文化、商業都市へと成長しました。
都会でありながら、城や公園、史跡なども多く、歴史や文化が息づいています。

市内には、観光や仕事に訪れる人々に便利で手頃な宿泊施設が十数軒建っていますが、そのほとんどが駅周辺に多く集まっています。
リーガロイヤルホテル小倉は駅と直結し、29階のスカイラウンジからは美しい夜景を眺めながら本格的フレンチを味わえます。

ここは宿泊のみならず、婚礼や宴会など幅広い用途にも利用されています。
駅から少し離れてはいますが、繁華街やビジネス街の中心部にも、駅から徒歩約10分の距離に数軒見られます。

旅の目的が仕事中心であれば、ビジネス街に近いところが便利で、疲れて帰ってすぐ休む事が出来ますし、一方、仕事の後の飲食にも好都合です。
静かな雰囲気でゆっくり体と心を休めたい人や家族旅行には、小倉ベイホテル第一もお勧めできます。

部屋は海を眼下に一望できる広々とした作りで、朝食会場の10階からは関門海峡と湾を見渡しながら手作りの朝食ブッフェを愉しめます。
このように、小倉にはビジネスや観光など多様なニーズに対応したホテルが多数存在しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ