『アキバ』の愛称で親しまれる秋葉原では格安ホテルが多いです

東京の秋葉原は、主として千代田区外神田、神田佐久間町および台東区を指す地域名です。
以前は『あきばはら』、『あきばっぱら』、『あきばがはら』など色々な名で呼ばれていましたが、統一はされていませんでした。

しかし『あきはばら』として呼ばれる元となったのは、1890年に鉄道駅が開設して駅名をつける時、読み方を知らない鉄道官僚が勘違いして付けたことが由来だと言われています。
そして、今日ではメディア等で『アキバ』という呼び方が定着しています。

また、『アキバ』はアニメの街として、日本のみならず、海外のアニメファンからも注目を浴びていて、全国各地や世界中の様々なところから観光客が集まって賑わいを見せています。
そんな秋葉原の近くには宿泊施設が多数あり、観光客のほとんどは電車で訪れる方が多いため、特に駅周辺のホテルは価格が安価なので人気です。

また、東京駅からは山手線で約3分の近さとアクセスが良く、観光や買い物、ビジネスと、何をするにしても魅力な地だと言えます。

観光のみならずビジネス街でもあり、出張の方向けのシングルの部屋が多く、狭いながらも、無料のインターネット有線やWi-Fi、有料になりますが洗濯機や乾燥機などサービスが充実しています。

それぞれの用途に合ったところを探して宿泊しましょう。
どの宿泊施設でも電話での予約が可能ですが、インターネット予約ですと割引になる場所が多く、ネット検索で細かい項目を指定して選ぶこともできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ