北海道には世界でも珍しい温泉に入れるホテルがあります

雄大な景色を楽しめる北海道には、とても珍しい温泉が湧き出ている場所が存在しています。
それは、十勝平野の中心の帯広市にある、世界的にも希少なモール温泉です。
別名十勝川温泉とも言われていますが、ドイツ、十勝を含めて世界で3か所にしかない温泉なのです。

大昔に地中に埋もれた植物が黒炭に変化する過程で生じる、フミン酸やフルボ酸という有機酸が地下水に溶け出して温泉になったもので、肌がとてもツルツルになります。
そして、この温泉に入れる宿泊施設の名は北海道ホテルです。

客室は庭の緑輝く景色を眺められる部屋と日高山脈を一望できる部屋があり、部屋の中も木製の家具でゆったりと出来る空間になっています。
レストランは和食、天ぷら、寿司、鉄板焼きとこの地の美味しいものを好きな料理で楽しめ、館内にはお洒落なバーやカフェも設けられているのでリラックス出来ます。

このホテルの横には、昭和34年に廃止された旧十勝鉄道の線路跡に造られた遊歩道があり、散歩やジョギング、サイクリングなどが楽しめます。
また、南北方面に足を延ばせば日高山脈や襟裳岬、岬の展望台からはゼニガタアザラシが寝そべっている姿が見られます。

北東方面には有名な阿寒湖や摩周湖、特別天然記念物のタンチョウの生息地としても知られる釧路湿原もこの方向です。
西の方面には、富良野のラベンダー畑が一面に広がっています。

このように、東西南北への移動時間は車なら約2時間30分で行けますし、雄大な景色の中ドライブも楽しめる北海道のホテルに宿泊してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホテルを調べる

このページの先頭へ